頭痛は慢性化する前に改善しよう|日常生活へ悪影響を及ぼす症状

受診するべき科

握手

内科と外科の選び方

頭痛は、ありふれた病気の一つで、多くの人が慢性的な頭痛を感じたり一時的な頭痛を感じたりしたことがある人が多いでしょう。頭痛には、一時性のものと二次性のものがあります。一時性のものは、頭痛持ちの頭痛のことを言います。代表的なものに片頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛などがあります。片頭痛は、ズキンズキンと脈打つような痛みが特徴で多くは右または左の片側に起きることが多いです。発作的に症状が起き、吐き気も伴うなど辛い症状があります。これらの発症の兆候として、視界がチカチカとまぶしくなって目が見えにくくなることがあります。視覚異常が起きた後に、治まると今度は激しい頭の痛みが起きることが多いです。緊張型頭痛の多くは肩こりを伴うもので重苦しく、締め付けられるような痛みがあるのが特徴です。ストレスの影響が強く、長時間同じ姿勢を続けるデスクワークの人に多く、運動不足である場合も多いです。群発頭痛は男性に多く、片目の奥に激しい痛みが出ることで、我慢できない痛みであると表現されます。基本的に頭やその周辺に痛みが出る場合、病院は内科や神経内科などを受診します。しかし、くも膜下出血や脳腫瘍など脳の病気で起きる二次性の頭痛の場合は内科系の病院ではなく脳神経外科を受診するのが一般的です。二次性の場合は、今までに感じたことのないような痛みが頭に起きる、最初は軽い痛みが日を追うごとにどんどん強くなることが多いです。二次性の場合は強い痛みだけでなく意識を失うこともあるため、早い段階で病院を受診する必要があります。

市販薬に依存しない

頭の痛みを感じでも、通常は大したことがないと考えて病院は受診せずに安易に市販薬を飲んでしまう人が多いです。軽い痛みであれば市販薬を服用することで、緩和させたり症状を落ち着けたりすることが出来るようになります。しかし、痛みの原因が血管の拡張によって起こっているのであれば、血管の拡張を抑える薬を服用する必要があります。血管の拡張を抑える薬は、病院を受診して処方してもらう必要があります。薬を頻繁に服用すると、薬物乱用頭痛が起きることもあります。痛みが出る前に、痛みが強くなる前に薬を飲むことで症状を抑えたいと考える人も多いですが、薬の過剰摂取で頭の痛みが起きている可能性もあります。一か月に2週間以上頭が痛いと感じることがある場合や薬を一か月に10日以上服用している場合は薬剤に依存し過ぎていることが考えられます。以前は効いていた薬が効かなくなってきた場合や、いくら薬を服用しても症状があまり変わらないような場合も薬の依存が原因であることがあります。ただ痛みの種類や痛みが出る原因は人それぞれ違うため、安易に薬を飲むのではなく原因を突き止めて適切に薬を服用することが大切です。一か月に薬を服用する期間は10日以内に収めることが望ましいと言われています。原因がわからない場合は、どんな時に頭が痛くなるのか痛みが起きる時間帯や状況を日記に記すことが推奨されています。考えられる原因を探りながら、生活習慣を改善させていくことで薬だけに頼らずに症状を緩和させていきましょう。