頭痛は慢性化する前に改善しよう|日常生活へ悪影響を及ぼす症状

慢性的にある頭の痛み

おでこを触る人

どの診療科を受診するのか

頭痛は多くの人が一度は経験したことのある症状です。市販薬を飲んだり少し眠ったりしていつの間にか症状がおさまってしまうことがほとんどですが、中には頭痛が頻繁に起こり、悩まされ続けている人があります。そういう場合は一度受診して原因と対処法を医師と相談することが必要です。頭痛で悩まされている場合、どの科を受診するかですが、一般的には神経内科、脳神経外科、また近くにあるのであれば頭痛の専門外来を訪ねましょう。これらの科は脳、脊髄、末梢神経などをあらゆる角度から診てくれます。「ペインクリニック」という名前のところもあるので、そこで検査をしてもらうのも一つの方法です。こうした病院が近くに無い場合、まずかかりつけ医に相談すれば、必要に応じて専門病院へ紹介してもらえるでしょう。受診する際は問診から始まりますので、あらかじめ自分の症状をメモするなどして病院へ持参することが大切です。医師に伝えるべき内容はいくつかあります。まず痛みはいつからどのように起きているのか、また痛みの程度と持続時間を伝えるようにしましょう。さらに頭痛といってもどのあたりがどういった形で痛むのか、痛むときに他の症状(吐き気など)があるかも出来るかぎり伝える必要があります。さらに市販薬を飲んでいるか、飲んでいればそれはどの程度効くかなども、状況に応じて質問されることがあるので、予めメモをしておくと安心です。問診は極めて重要で、これで大方の診断が決まるといっても過言ではありません。これによって他の病気から来るものと考えられる場合、血液検査やX線検査、脳波検査や髄液検査、さらにCTやMRIなど、必要に応じてより精密な検査が行われます。これらの検査で何らかの異常が認められた場合はその疾患を治療することになります。問診の結果及び精密検査の結果、慢性頭痛と診断された場合には、その頭痛が「片頭痛」「緊張型頭痛」「群発頭痛」のいずれに属するものなのか鑑別診断を行います。

受診するメリット

鑑別診断には頭痛ダイアリーとMIDASが用いられます。頭痛ダイアリーは頭痛の状態を記すもので、病状の把握を容易にします。MIDASは日常生活への影響度をはかるものです。これによって確定診断をおこない、タイプに応じた治療薬の選択と日常生活指導による治療が開始されます。頭痛は完全に発作を抑えることが難しい病気です。発作の前兆がある場合には予防的に服薬したり、症状が軽いうちに服薬したりすることが重要です。薬を飲む以外の対処法としては日常生活を整えるということがあります。食生活や睡眠などの生活習慣に気をつけることによって発作をある程度避けることができます。発作が起きるパターンは人によって異なりますので、すべての人にあてはまる方法というものはありません。従って自分の生活パターンと発作の起こり方に留意することが重要です。しかし、一般的に頭痛の誘因となりやすいものはいくつかあります。まず、不規則な生活です。慢性頭痛を持つ人は、できる限り規則正しい生活を送るようにします。睡眠時間も一定にし、睡眠不足もいけませんが眠りすぎも避けましょう。昼夜逆転や徹夜などは絶対に避けるべきです。食品については、チーズや赤ワインなど、普段何気なく摂取しているものが誘因としてあげられやすいのですが、自分が食べて発作と関係が無いと分かれば問題ありません。個人差がありますから、自分にとって誘因になると思われる食品は避けることです。これ以外にも天候や雑踏、強い臭いや強い光、あるいは食べすぎなど、人によってさまざまな誘因が考えられます。これらの要因を突き止めるためにも、病院を受診するようにしたほうがいいでしょう。まず、生命にかかわる深刻な病気でないかどうかわかります。さらに自分の頭痛のタイプがわかり、適切な薬を処方してもらえます。それによって痛みから解放された生活を送れるようになるのです。