頭痛は慢性化する前に改善しよう|日常生活へ悪影響を及ぼす症状

頭が痛いときの対処法

病院

診察のポイント

頭痛は多くの人が日常的に悩まされている身体症状です。症状が発生した場合、多くの方は病気とも思わずに我慢したり、市販の頭痛薬を飲む程度で済ませています。しかし痛みが慢性化したり、市販薬が効かなくなったりした場合には放置せずに病院を受診すべきです。いつもと違った種類の頭痛が発生した場合を含め、痛みの背後に何らかの脳疾患が隠されている恐れもあるため、「大丈夫だろう」という楽観的な感覚で判断しないよう気をつけましょう。頭痛で病院に足を運ぶ際、頭が痛いという症状を扱う科は複数あるため、どの科を受診したらいいのかわからないという人もいます。頭痛を専門に扱う頭痛外来が近くにあればいいですが、ない場合は内科や神経内科、脳神経外科を受診するのが最も無難でしょう。そして、実際に病院で診察を受ける際には問診が特に重要となります。CTスキャンやMRI画像などの検査を受けても、脳に異常が見つからないケースが少なくないからです。そうした場合に頭痛のタイプを診断するには、患者から聞き取った症状や背景にある生活習慣が決め手となります。自分を楽にするためにも、思い当たることあったら何事も包み隠さず正直に話すという姿勢が大切です。一般的に、頭痛は片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛の3つに大きく分けられます。それぞれに原因と治療法が異なるため、正確な診断は症状改善のためにも重要なのです。頭痛は他の原因によっても発生します。脳梗塞やくも膜下出血、脳腫瘍などの疾患が隠されている場合は早急な治療が必要になりますから、いつもと違った種類の痛み方を感じたらできるだけ早く病院を受診しなければなりません。

治療に向けて

検査の結果脳に異常が認められないケースでも、頭が痛い症状の改善にはつながらないでしょう。何らかの原因によって痛みが発生しているのですから、痛みを改善させるための治療が開始されることになります。医師は患者から聞き取った事柄に基づいて診断を下します。痛みの発生時期や発生状況、継続時間と頻度、痛みの発生部位や痛み方、随伴症状など、頭痛のタイプを診断するためのさまざまな要素が挙げられます。また、すでに市販薬を常用していて効かなくなった場合は、その製品名も症状の判断材料となります。内科や脳神経外科などの診療科によっても変わってきますが、症状改善のための手段はいずれも投薬治療が中心です。市販薬と比べて効果が高く、痛みの発生源に対してピンポイントに効くようになっている点が処方薬の大きな特徴と言えます。効果が高い分だけ副作用も強くなることが多いですので、医師や薬剤師の注意に従って正しく服用することが大切です。万が一重い副作用が見られるようならすぐ医師に相談し、薬を変えてもらうなどの対応を臨機応変に変えると良いでしょう。頭痛の症状改善のために病院が果たす役割は、効果の高い処方薬に限りません。高度な医学知識と豊富な診察経験を持つ医師であれば、患者が慢性的な頭痛を抱えるに至った生活習慣の改善についても的確な助言を与えることができます。頭痛はそのタイプによって対処法が異なりますので、正確な診断に基づく生活指導に勝る治療法はないとも言えます。そのため医師の指導に従って生活を改めていけば、頭の痛くなりにくい体質へと生まれ変わることも決して不可能ではないのです。

頭が痛くなる原因と解決法

先生

頭痛は様々な原因によって発生します。それらの原因を知ることである程度の予防も可能ですが、頭痛を完全に防ぐのは難しいものです。正しい治療のためには病院を受診し、痛みのタイプに応じた薬を服用しなければなりません。まずは病院で医師に相談することが大切なのです。

More Detail

慢性的にある頭の痛み

おでこを触る人

頭痛はよくある症状で、市販薬を飲んで対処している人がほとんどです。しかし、中には頭痛が慢性化し、生活に支障をきたしている人があります。その場合は思いきって病院を受診しましょう。適切な薬を処方してもらい、痛みから解放された生活を送ることができます。

More Detail

受診するべき科

握手

頭痛には一時性のものと二次性のものがあり、一時性の場合は受診する病院は内科や神経内科を受診し、二次性の場合は脳神経外科を受診します。慢性的な頭痛が続く場合は、安易に薬を服用するのではなく病院で検査をして原因を突き止める必要があります。薬だけに頼らず、生活習慣の改善も必要になります。

More Detail